ご祈願のご案内

もん


  人 生 儀 礼

古くから私たちは耕作の始めや収穫の感謝など、物事の節目ごとに神社にお参りしたり、神様をお迎えしてきました。また子供たちの健やかな成長を祈り、初宮詣、七五三詣を行うと共に、厄除、結婚式など節目ごとに人生儀礼のお参りを、そして齢を重ねては感謝の気持ちを込め参賀の奉告をしてきました。

 


安産祈願

妊娠五ヶ月目、最初に迎える戌の日に行いますが、別な日に前もって祈願されて当日に腹帯をお巻きになっても大丈夫です。腹帯は実際にお使いになるものをご持参下さい。

 

初宮詣り

赤ちゃんの誕生に感謝し、男の子なら出産から32日以降、女の子なら33日以降に神前にて健やかな成長を願い祈願致します。

 

七五三詣り

男の子のお子様は数え年で三歳と五歳、女の子のお子様は数え年で三歳と七歳にお祝いします。

 

受験合格祈願

受験合格祈願、また入学してからの学問成就、無事卒業を迎えた感謝の奉告祭を神前にて行います。

 

結婚式

ご神前にてご結婚の奉告と婚儀の誓いを交わし、行く末長いお二人の幸せを祈念致します。

 

厄除祈願

一般に数え年で男性は二十五歳、四十二歳、六十一歳、女性は十九歳、三十三歳、三十七歳、六十一歳が厄年にあたり、その前後を前厄・後厄といい厄難消除を祈願致します。

 

祝歳祈願

賀寿・算賀といい、数え年で六十一歳は還暦、七十歳は古希、七十七歳は喜寿、八十歳は傘寿、八十八歳は米寿、九十歳は卒寿、百歳は百寿・上寿といい、目出度く祝い年を迎えた感謝と健康長寿を祈願致します。

 


  諸 祈 願

家 内 安 全 (かないあんぜん)

健 康 長 寿 (けんこうちょうじゅ)

無 病 息 災 (むびょうそくさい)

災 難 除   (さいなんよけ)

當 病 平 癒 (とうびょうへいゆ)

心 願 成 就 (しんがんじょうじゅ)

商 業 繁 栄 (しょうぎょうはんえい)

社 運 隆 昌 (しゃうんりゅうしょう)

海 上 安 全 (かいじょうあんぜん)

漁 業 繁 栄 (ぎょぎょうはんえい)

交 通 安 全 (こうつうあんぜん)

工 事 安 全 (こうじあんぜん)

作 業 安 全 (さぎょうあんぜん)


など。詳しくは社務所にお尋ね下さい。

 




【ご祈祷の流れ】

一、受付時間 毎日午前8時半~午後4時まで(予約不要ですが祭典の関係上お待たせする事もありますので前もってお問い合わせいただければ安心です)

二、申込み方法 お申込みは社務所にお申し出下さい。祈願受付にてお受けいたします。

三、所要時間 約20分(混雑状況によりお待ちいただく時間を頂戴する場合があります。