ご祈願のご案内

もん


  人 生 儀 礼

古くから私たちは耕作の始めや収穫の感謝など、物事の節目ごとに神社にお参りしたり、神様をお迎えしてきました。また子供たちの健やかな成長を祈り、初宮詣、七五三詣を行うと共に、厄除、結婚式など節目ごとに人生儀礼のお参りを、そして齢を重ねては感謝の気持ちを込め参賀の奉告をしてきました。

 


安産祈願

妊娠五ヶ月目、最初に迎える戌の日に行いますが、別な日に前もって祈願されて当日に腹帯をお巻きになっても大丈夫です。腹帯は実際にお使いになるものをご持参下さい。

 

初宮詣り

赤ちゃんの誕生に感謝し、男の子なら出産から32日以降、女の子なら33日以降に神前にて健やかな成長を願い祈願致します。

 

七五三詣り

男の子のお子様は数え年で三歳と五歳、女の子のお子様は数え年で三歳と七歳にお祝いします。

 

受験合格祈願

受験合格祈願、また入学してからの学問成就、無事卒業を迎えた感謝の奉告祭を神前にて行います。

 

結婚式

ご神前にてご結婚の奉告と婚儀の誓いを交わし、行く末長いお二人の幸せを祈念致します。

 

厄除祈願

一般に数え年で男性は二十五歳、四十二歳、六十一歳、女性は十九歳、三十三歳、三十七歳、六十一歳が厄年にあたり、その前後を前厄・後厄といい厄難消除を祈願致します。

 

祝歳祈願

賀寿・算賀といい、数え年で六十一歳は還暦、七十歳は古希、七十七歳は喜寿、八十歳は傘寿、八十八歳は米寿、九十歳は卒寿、百歳は百寿・上寿といい、目出度く祝い年を迎えた感謝と健康長寿を祈願致します。

 


  諸 祈 願

家 内 安 全 (かないあんぜん)

健 康 長 寿 (けんこうちょうじゅ)

無 病 息 災 (むびょうそくさい)

災 難 除   (さいなんよけ)

當 病 平 癒 (とうびょうへいゆ)

心 願 成 就 (しんがんじょうじゅ)

商 業 繁 栄 (しょうぎょうはんえい)

社 運 隆 昌 (しゃうんりゅうしょう)

海 上 安 全 (かいじょうあんぜん)

漁 業 繁 栄 (ぎょぎょうはんえい)

交 通 安 全 (こうつうあんぜん)

工 事 安 全 (こうじあんぜん)

作 業 安 全 (さぎょうあんぜん)


など。詳しくは社務所にお尋ね下さい。

 




【ご祈祷の流れ】

一、受付時間 毎日午前8時半~午後4時まで(予約不要ですが祭典の関係上お待たせする事もありますので前もってお問い合わせいただければ安心です)

二、申込み方法 お申込みは社務所にお申し出下さい。祈願受付にてお受けいたします。

三、所要時間 約20分(混雑状況によりお待ちいただく時間を頂戴する場合があります。











授与品のご案内


【家内安全】

家内安全  剣先

家内安全守護札      剣先守 600円
2.000円           



【商業繁栄・竈守】

商業  竈

商業繁栄守護札      竈 守 800円
2.000円           



【海上安全・漁業繁栄】

海幸  海肌  

海幸守護札        海上安全肌守 600円
2.000円          

はた

大漁旗 6.000円



【身上安全・健康・除災】

大肌  肌守小 
肌守(大)600円            肌守(小)600円

横肌守  牛肌  
横型肌守 600円           牛鬼守 600円

勾玉  良縁守
勾玉守 1.000円           良縁守 800円

水晶  健脚
水晶守 1.000円           健脚守 600円

災難  鈴
災難方除守 600円          幸福鈴守 800円

さくら  牛キー
咲久来守 1.000円          除災牛鬼キーホルダー守 800円

えと錦  花
十二支えと守 600円          誕生月花守 600円

石  
身代わり干支石守 1.000円




【交通安全】

大木  小木
交通大木守 600円          交通小木守 600円

交キー  マグネット
交通キーホルダー守 600円      磁石ステッカー守 600円

小錦  大錦
交通小錦守 300円          交通大錦守 800円

紙交  丸交
千代紙交通守 800円         丸型交通守 800円

矢羽  車付き
矢羽交通守 800円          車付交通守 800円

ミニ矢  ステッカー
破魔矢交通守 800円         交通ステッカー 300円



【学業成就・受験合格・こども守】

学業  受験」
学業成就守 600円          受験合格守 1.000円

ランドセル  かえる
ランドセル守 800円          無事かえる守 800円

福雛
福びな守 800円



【厄 除・病気平癒】

厄除け  病気平癒守
桐箱入り厄除守 1.200円        桐箱入り病気平癒守 1.200円



【安産守】

安産  桐安産
安産守 600円            桐箱入り安産守 1.500円



【金運・勝負運】

金運  勝ち
金運守 800円            勝守 800円



【腕輪守】

腕輪  水腕輪
猫目石腕輪守 1.500円        水晶腕輪守 1.500円




【ペット守り・朱印帖】

ペット  印帖
ペット守 800円            和霊神社・朱印帖1.200円



【縁起物】

えま  含み
絵馬 600円            福箕 1.500円

のぼり
繁栄幟 1.500円

境内のご案内




和霊神社へ




1鳥居

 一の鳥居

大正6年建立




大鳥居 

ニの鳥居

昭和13年建立。材は香川県庵治産のアジ石

高さ12メートル余りで石造りでは日本一の大きさを誇る





神幸橋

神幸橋

昭和7年架設

和霊公園と和霊神社の間を流れる須賀川に架かる太鼓橋




神門

神 門

昭和41年竣工

多福と鼻髙面が門内左右に掲げられている




手水

手水舎

昭和29年奉納

材は香川県庵治産のアジ石




神木

御神木の大銀杏

樹齢450年以上を誇る大木





参籠所


参籠所






奉斎殿 

奉賽殿

平成3年竣工。参拝者の休憩所




神馬

神馬像

昭和35年奉納。崇敬者より寄贈された銅像




社殿

社 殿 

 昭和20年の宇和島空襲により消失

現在の本殿は戦災復興奉賛会により昭和26年に竣工





社務所

社務所

平成4年竣工





若宮

若宮神社

ご祭神・豊玉姫命 




かまど

竃神社

ご祭神・奥津彦命、奥津姫命、火産霊神~例祭日は11月初卯の日





三島

三島神社

ご祭神・大山祇命 例祭日は10月23日





山本

山本神社

ご祭神・大物主命 例祭日は11月22日




井戸

御井神社

ご祭神 御井神




神馬社

神馬舎

健脚のご利益あり



絵馬

大絵馬 

  平成2(午)年より即位を記念して設置

令和3(丑)年は松山市出身の墨絵アーティスト茂本ヒデキチ氏の絵と書による絵馬となる



神輿庫

神輿庫






句碑

米田双葉子句碑

   平成9年建立

「須佐之男は 若禰宜ならめ 初神楽」





西南

明治10年西南役征討之役宇和郡人殉難者の碑

明治15年建立



年間行事


大祭




1月1日     歳旦祭

午前0時より神楽舞初め。その後歳旦祭、新年祈願祭を斎行します。

 

1月10日    古札焼上の儀

午後3時半斎行。納められた古札を祓い清め焼上します。

 

2月17日    祈年祭

午前10時斎行。我が国の産業発展と地域の五穀豊穣、家業の繁栄を祈念します。

 

4月24日    春季大祭・崇敬講社祭

午前10時斎行。春の大祭。和霊神社崇敬講社祭が併せて行われます。

 

6月30日    大祓

午後4時半斎行。半年間の罪穢れを清める夏の大祓式です。

 

7月12日    夏越祭

午後6時斎行。境内末社・三島神社の祭事。「となえことば」を唱え茅の輪をくぐり心身を清めます。

 

7月23・24日 和霊大祭(例祭)

23日午前10時例祭。午後7時宵宮祭。

24日午後1時子供行列。午後5時半神輿出御。午後7時御旅所祭。午後8時海上渡御。午後9時走り込み。

和霊神社最大の祭事。神輿の巡行、海上渡御、走り込みなどの特殊神事を行います。

 

10月23日   三島神社祭(末社)

午前11時斎行。境内末社・三島神社で行われる祭事です。

 

11月初卯    竃神社祭(末社)

午前11時斎行。境内末社・竃神社の例祭です。竃神社崇敬講社の方々も参列し火の災いの無いように、また火の恵に感謝致します。

 

11月22日   山本神社祭(末社)

境内末社・山本神社の例祭です。

 

11月23日   新嘗祭 

午前11時斎行。2月の祈年祭を受け、秋の実りを祝い五穀豊穣・産業発展に感謝致します。

 

12月下旬    大絵馬奉納奉告祭

翌年の十二支の大絵馬を奉納。奉告祭を行った後、奉納者とともに大絵馬を付け替えます。

12月31日   大祓 除夜祭

午後4時半斎行。新年を前に身に付いた罪穢れを祓い清めます。その後除夜祭斎行

 毎月23日    月次祭

午後4時半より斎行しております。





ご由緒

お姿



・主祭神 山家清兵衛公頼命
               やんべせいべえきんよりのみこと

 ・配 神 
・山家治郎命(清兵衛次男)
・山家丹治命(清兵衛三男)
・山家美濃命(清兵衛四男)
・塩谷内匠命(家従) 
・塩谷帯刀命(内匠長男) 
・塩谷勘太郎命(内匠次男)



 当和霊神社は宇和島藩祖伊達秀宗の家老山家清兵衛公頼公の御霊をお祀りしております。
祭神清兵衛公は仙台伊達政宗の長子秀宗が父と共に出陣した関が原の役、大阪冬の陣の戦功により徳川家より宇和島十万石を賜ったおり、父政宗が若輩の秀宗を案じ自身の信頼する清兵衛公をその家老に抜擢し随伴させました。 

当時宇和島は相次ぐ戦乱や領主の悪政により疲弊困憊し惨憺たる状態であった中、生来純忠篤実な清兵衛公はよく藩主を補佐し藩費の節約をはじめ租税の軽減、産業の奨励、武備の充実など逐次推進された結果、民生は安定し、藩政は大いに刷新されました。

その結果清兵衛公の徳望は生き神の如く仰がれました。
しかしこの事は却って一部の藩士から妬まれ反感を買い、遂に元和六年六月二十九日夜、彼等一味の兇刃に倒れその生涯を閉じました。 

其の後、清兵衛公を敬仰する藩民をはじめ藩主藩士に至るまで清兵衛公の御霊を和め奉らんと小祠を建て崇敬の誠を捧げ、承応二年六月二十三・二十四日に朝廷より承認を経て正式に山頼和霊神社として承祀されました。 爾来霊験あらたかにして神威益々の発展の一途をたどりましたが昭和二十年七月二十八日、宇和島空襲によって社殿全域灰燼に帰しましたが広大無辺のご神徳のもと奉賛会の赤誠により逸早く復興にかかり次々に境内は復興され旧に増す荘厳さと殷賑を極め日本各地の和霊信仰の総本社として尊崇を集めています。